KMTロゴ

Visual Center 1 データセンター版

企業にとってのデータセンターは情報を処理して循環させる、頭脳であり心臓でもある重要拠点です。そのような重要拠点の資産・設備はどのように管理されているでしょうか? 表形式で気軽に記入でき、使い慣れているExcelが使われている場合が多いのではないでしょうか。

データセンターの機器が少なく、構成も単純であればExcelでも管理できるかもしれませんが、管理対象が増え、ネットワークが複雑になり、ラックは高密度化し、設備の入れ替えが発生し、仮想環境でのライセンスの管理まで対象になってくると、Excelでは苦しくなってきます。また、複数の人が管理に携わるようになると、いろいろなファイル名のExcelファイルが増殖し、どのファイルが現状を反映しているか混乱してきます。

このような状況では、古い情報に基づいた構成変更をしたり、情報を反映すべき対象を間違えたりするなど、事故が起きやすくなっています。事故はシステムの停止やデータの損失につながりかねません。企業の重要拠点であるデータセンターは、リスクの高い管理をすべきではありません。


そこで、VC1データセンター版によるデータセンターの機器構成管理をご提案いたします。

複数の構成構成管理データベースを1つに統合するVisual Center 1が、ビジュアルなデータセンター管理を実現します。

データセンターの50万件を超える機器構成情報をビジュアル化、「台帳が見える」、「情報が見える」、「顧客が見える」理想の運用環境を実現します。

特徴

  • 数万点の設備管理も高速処理
  • ビジュアル表示のスピーディ検索
  • 図面・画像によるロケーション管理
  • データセンターの設備を拠点、フロア、ラック、機器というような階層で明確に管理
  • 各種関連情報、画像の一括管理
  • 多様なコスト集計・結果の検索管理
  • 手元のExcel環境から簡単入力
ラック管理画面

Visual Center 1でラック状況を表示している例


データセンター版としてVC1標準版に追加されている主な機能には、以下のものが有ります。

  • ネットワークの接続関係図作成
  • 電源系統の接続関係図作成
  • 分電盤状態表示
  • ラック管理
  • 機器管理
  • 仮想機器管理
  • ネットワークのポート・状態・アドレス管理
  • インシデント情報管理
  • 機器の保守状況管理
  • 利用ユーザー管理
その他、利用環境やご要望に応じて柔軟に対応することが可能です。